«
»

北ミサイル連射の内部事情

高 永喆

 北朝鮮は9月9日の建国記念式典の後、11日と12日の長距離巡航ミサイル発射に続いて、15日には短距離弾道ミサイルを発射した。なぜ、この時期にミサイル連射に踏み切ったのだろうか。

 第1に、中国・王毅国務委員兼外相の韓国訪問のタイミングに合わせ、中国と韓国との密着に対する牽制(けんせい)と威嚇であると思われる。

 北朝鮮の中国に対する牽制は過去、何回も繰り返されている。

 まず2016年4月28日、北朝鮮は北京で「アジア相互協力信頼醸成会議(CICA)」の外相会合開催中に弾道ミサイルを発射した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。