«
»

元大使が語る「結び目を作った側が先に動け」

「韓日関係の出口」 新政権誕生に備え知恵を絞る必要

 韓国では悪化した日韓関係を修復しなければならない、という議論がメディアに登場するようになってきている。誰が見ても、今のような首脳同士の疎通すらもできない関係が長続きしていいわけがない。

 今日の関係悪化の原因は「慰安婦」と「徴用工」に象徴される日韓併合解消時の清算問題が蒸し返されたことによる。これ自体は、1965年の日韓基本条約および請求権協定で解決済み、というのが国家と国家の間で取り交わされた約束である。

 これを韓国が「当時の政権が“国民の同意なしに”結んだ不十分な協定であり、だから遡(さかのば)ってやり直せ」と要求してきたことが発端だ。植民地支配に対する謝罪(いわゆる「村山談話」)や、慰安婦問題への対応(アジア女性基金)など、韓国側から問題が持ち出されるたびに日本政府は対応してきた。政権が代わるごとに謝罪や補償要求が繰り返されることで、日本は次第に韓国への信頼を失っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。