ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

金正恩独裁政権、終焉の兆し

宮塚 利雄

軍と党の内部抗争が激化 総書記の「代理人」の職制新設

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 北朝鮮では、コロナ禍と経済不況に加え食糧不足で人民の金正恩政権に対する不満が高まっている中、独裁体制そのものにも異常事態が発生している。

 金正日政権と金正恩氏の継承初期の8年間を平壌で勤務した、前駐平壌ドイツ大使のトーマス・シェファー氏が6月22日に自由アジア放送(RFA)のインタビューに応じ、「北朝鮮の政治体制が変化した」と主張した。同氏は「北朝鮮の政治権力は、金正恩単一体制ではなく、ごく少数エリートたちの集団指導体制である」と言う。

 つまり、北朝鮮を統治する集団は少数家族で構成された党内の安保部門の責任者たちで、彼らの強硬派が金氏一家を前面に出し、軍部エリートと政治的取引で金正恩体制が誕生したという。この権力世襲の過程の後、強硬派と穏健派の間で権力闘争が絶え間なく展開されているというのである。

貶められた金一族3代


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。