«
»

李俊錫氏の登場と政界の変化

2030世代の老害への反発

 韓国大統領選の幕が開け、与野党ともに候補者が名乗りを上げて、事実上、大統領選がスタートしている。大統領の被選挙権は40歳からだ。つまりそれ以下では立候補できないのだが、36歳の若者が注目を集めている。保守野党「国民の力」の代表に選出された李俊錫(イジュンソク)氏である。

 この李氏に焦点を当てた企画が月刊中央(7月号)のカバーストリー「李俊錫現象」だ。同氏が支持を受けた分析と、今後の課題を挙げている。

 韓国では今「若者を掴(つか)め」が選挙のキーワードである。4月に行われたソウルと釜山の市長選で文在寅(ムンジェイン)政権与党「共に民主党」は惨敗を喫した。両者とも現職市長がセクハラで追及され自死したり、職を追われたりした後の補選だった。進歩政党の体たらくが審判されたのだが、それを主導したのが20代30代の若者層である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。