«
»

15字の虐殺資料公開、韓国政府はより誠実な対応を

元嘉悦大学教授<br>山田 寛

 韓国のハンギョレ新聞によると、3月中旬、韓国大法院(最高裁)が「ベトナム戦争中の韓国軍の民間人虐殺」事件に関し、国家情報院保有の事件関連情報を公開すべしと判決した。4月上旬、国情院は初めて関連記録を公開したが、たった15字の資料で、1968年の事件発生直後に聴取した小隊長3人の名前が並ぶだけ。

 4月中旬、ソウル中央地裁は、被害者のベトナム人女性が昨年起こした国家賠償訴訟で、国情院と国防部に関連全記録提出を要請した。だが国情院は「すでに出した」と、事実上拒否した。  私は同戦争末期、取材に訪れた村で「韓国人が来た」と幼児に泣かれ、韓国軍はそれほど怖がられているのかと驚いた。だからこの関連のニュースは特に気になる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。