«
»

朝鮮半島上空を飛び交う紙爆弾

宮塚 利雄

飛来恐れる北朝鮮指導部 銃で撃ち落とし韓国側を恫喝

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 今、話題となっている「韓国から北朝鮮へのビラ」の歴史は、朝鮮戦争当時、国連軍が北朝鮮や韓国内にばらまいたことに始まる。東西冷戦対立の代理戦争である朝鮮戦争ということもあって、金日成を批判するよりも、共産主義や中国軍の悪逆非道な実態などを描き、「国連軍がいかに人道的であるか」という内容のビラが多かった。中国軍に投降を勧めるビラもあった。

韓国人は関心を示さず


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。