«
»

韓国、中距離弾道ミサイル開発へ

 今月21日、文在寅大統領は米ホワイトハウスで行われたバイデン大統領との初の首脳会談直後、共同記者会見で「喜んでミサイル指針終了の事実を伝える」と述べた。

 ミサイル指針とは、1979年の米韓合意で設定された韓国の弾道ミサイルの射程と重量を制限する指針のこと。4回の改訂を経て今回、42年ぶりに完全に解除された。

 これまで韓国は、射程1500㌔㍍の巡航ミサイルは潜水艦と艦艇に実戦配備していたが、地上型の弾道ミサイルは射程が800㌔㍍に制限されていた。これで韓国は、射程と弾頭重量に制限がない弾道ミサイルを開発できるようになった。

 背景には、米中覇権争いの中で米国が中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。北朝鮮の弾道ミサイル脅威への対応という意味もある。米国は米韓同盟に基づいて中国、北朝鮮との勢力均衡を保つ安保戦略の布石として、韓国の弾道ミサイルの制限を解除したと言える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。