«
»

ラムザイヤー氏主張を「脅迫」と逆ギレ=韓国メディア

  ハーバード大学のJ・M・ラムザイヤー教授といえば、「慰安婦=性奴隷」説を結果的に否定する論文を発表し、おもに韓国人や韓国研究家らから激しい攻撃を受けていることでも知られています。これについては先日の『傾聴に値するラムザイヤー教授の「日本語メッセージ」』でも紹介したとおり、ラムザイヤー氏の側の言い分が少しずつ世に出てきた感がありますが、こうしたなか、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には本日、「ラムザイヤー氏が批判者に脅迫メールを送った」という記事が掲載されていたようです。逆ギレもよいところですね。


ラムザイヤー氏の肉声を聞いてください

ハーバード大学のJ・M・ラムザイヤー教授 ハーバード大学HPより引用

ハーバード大学のJ・M・ラムザイヤー教授
ハーバード大学HPより引用


 以前の『傾聴に値するラムザイヤー教授の「日本語メッセージ」』では、、ハーバード大学のJ・マーク・ラムザイヤー教授がシンポジウムに寄せたメッセージを紹介しました。

 4月24日緊急シンポ「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」ライブ配信!【つくる会CH】

 リンク先は動画サイト・YouTubeに投稿されたもので、「国際歴史論戦研究所」の主催、産経新聞社の後援で4月24日(土)に開催された『【緊急シンポジウム】ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争』の模様を収録したものです。

 動画自体は3時間近いものではありますが、ラムザイヤー氏の発言のパートは全部で10分少々ですので、お忙しい方はラムザイヤー氏の発言だけでも是非とも視聴していただきたいと思います。個人的感想を申し上げるならば、ラムザイヤー氏の誠実な人柄がにじみ出た、非常に力強いメッセージだと思いました。

 ハーバード大ウェブサイトによると、ラムザイヤー氏は「一橋大学、東京大学、東北大学では日本語での授業経験」があると記載されているとおり、非常に滑らかな日本を使います。そんなラムザイヤー氏はこのメッセージのなかで、次のように主張しました(原文のとおり)。

 「誠実な研究を行うためにはどんなに政治的に不都合な論文であっても発表できることが「基礎」になる。結局、米国の学会では少なくてもこれくらいは当たり前のことだとずっと思ってましたけど、結構間違ってましたね。今度の論文に対する反発の猛烈さにびっくりしました。」

「今回の批判者にとって重要なことは、強制連行説とか性奴隷説に対する反対説が絶対に英語の文献に現れたらいけないということらしいです。」

 まさに、今回のラムザイヤー論考を巡る批判の正体を見極める上で、非常に重要な指摘です。

学問の世界には学問で反論すべき

 ときとして人格攻撃を伴いつつ、論文に対し感情的に反発する姿勢は、学問的な態度ではありません。ラムザイヤー氏はこれを「スターリン主義」「中国の文化革命のようだ」などと皮肉っていますが、これにはまったく同感と言わざるを得ません。

 なお、くどいようですが、当ウェブサイトとしてはラムザイヤー氏の論文自体について、学術的に正しい、間違っているなどと議論するつもりはありません。学問の世界から出てきた論考であれば、学問の世界においてその是非が決せられるべきものであるからです。

 しかし、それと同時に、学問の世界における論考を学問以外の圧力によって封殺しようとする試みには、断固として反対したいと思います。

 ただ、ここでもうひとつの疑問が生じて来ます。

 ラムザイヤー教授自身も指摘するとおり、「慰安婦=性奴隷」説の反対説が英語の文献に出現するのを、批判者たちはなぜか異様に恐れているフシがあるのですが、なぜそこまで恐れる必要があるのでしょうか。

 「慰安婦=性奴隷」説を裏付ける証拠がいくらでもあると自分たちで思うのならば、それを世界に向けて強く主張すれば良いのであって、ラムザイヤー教授個人に対する人格攻撃などを伴った批判をするのは明らかに筋違いでしょう。

中央日報「ラムザイヤー氏が脅迫メール」

 こうしたなか、ラムザイヤー氏の批判者に対する明らかに的外れな攻撃がなされる理由のヒントとなる(かもしれない)記事を、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に発見しました。

「野蛮な名誉毀損」…慰安婦歪曲ラムザイヤー教授が韓国系教授を脅迫


―――2021.05.06 08:21付 中央日報日本語版より

 なんと、中央日報によると、ラムザイヤー氏が米イースタン・イリノイ州立大学(EIU)史学科の「イ・ジンヒ教授」(※原文ママ)に対し、「脅迫性のメールを送りつけた」というのです。

 さきほどの動画でラムザイヤー氏の発言を視聴した直後だけに、ラムザイヤー氏が他人を「脅迫」するとは、にわかには信じられないという気がしますが、ただ、もしも他人を「脅迫」したのであれば、それは由々しき問題です。

 ただ、ラムザイヤー教授の問題のメールについては、原文がすべて掲載されているわけではないのですが、次のような記述を読むと、強い違和感を抱きます。

 「ラムザイヤー教授がイ教授に脅迫性のメールを送ったのは、研究の真実性に関する問題点が確認され、日本右翼との『蜜月関係』が明らかになり、批判が続くことに対して不満を表出するためと考えられる。」

…。

 あれ?

 これってたんに、ラムザイヤー教授側がイ教授らの執拗な攻撃に対し、学問自由の侵害や名誉棄損になるかもしれないと警告した、というだけのことではないでしょうか?

じっくり読んでみたら「?」が頭に浮かぶ

 実際、この記事をじっくり読んでみたら、頭に「?」がたくさん浮かびます。

中央日報にはおそらくラムザイヤー氏のメールの一部分と思われる、次の記述も掲載されています。

「あなたは私の経歴に被害を及ぼすことができるところなら、どこでも乱暴な攻撃をして私の論文をつぶそうとした。また、その事実を大げさに自慢していることを日本メディアの報道で知っている」。

 これは、いったいどういうことでしょうか。

 中央日報によると、このイ・ジンヒ教授なる人物は、ラムザイヤー氏の「慰安婦歪曲論文」(※原文ママ)が「物議をかもし」はじめて以降、ラムザイヤー氏の別の論文についても「確認作業」を行ったのだそうです。

 そのうえで、「関東大震災当時の朝鮮人虐殺や在日同胞差別を正当化する数件の論文を書いたという事実を確認した」としつつ、「問題の論文を掲載した学術誌に出版研究倫理上の問題点を提示し、論文の再審査に基づく訂正と撤回を要求」した、ということです。

 まさに、学問の自由に対する迫害であり、脅迫しているのはラムザイヤー氏の側ではなく、むしろイ・ジンヒ教授の側ではないでしょうか。

 中央日報によると、ラムザイヤー教授は「イ教授が学術誌側に問題を提起して論文の出版を遅延させたとして怒りを表し」、「私が今まで話したり書いたりしたものを追跡すること以外にやるべきことが数多くあるのでは」と皮肉るとともに、自身に対する深刻な名誉棄損に対して措置を取ることを考慮中、ということです。

 いずれにせよ、(ウェブ主自身の理解に基づけば)本来なら中央日報はラムザイヤー氏に対して攻撃的な立場を取っているメディアであるはずですが、マトモな読解力を持つ人がこの記事を読むと、「ラムザイヤー氏の主張は、むしろ自身の攻撃に対する正当な反論ではないか」との印象を抱くように思えます。

 その意味では、日本人読者にこの記事を読ませるのは、逆効果ではないでしょうか。

 いずれにせよ、中央日報の記事のみを読んだ限りにおいては、「脅迫」「名誉棄損」はむしろ韓国人学者らがラムザイヤー氏に対して行っている行為ではないかと思えてならないのですが、いかがでしょうか。


「新宿会計士の政治経済評論」より転載
https://shinjukuacc.com/20210506-02/

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。