«
»

福島処理水放出で韓国・文政権、「汚染水」と決めつけ非難

14日、在ソウル日本大使館前で福島原発処理水の放出決定に抗議する集会を開いた韓国水産団体関係者(韓国紙セゲイルボ提供)

「反日」利用し脱原発正当化か

 東京電力福島第1原子力発電所の処理水を海洋に放出する決定に韓国が強く反発している問題で、文在寅政権が国内の反日感情を利用して放出反対の世論を広め、脱原発政策を正当化しようとしているとの見方が浮上している。韓国にも処理水の安全性を認める専門家はいるが、「土着倭寇」(=韓国人親日派)のレッテルを貼られることを恐れ、声を上げられずにいるという。(ソウル・上田勇実)

 韓国政府は処理水放出を「絶対受け入れられない」とし、文大統領自身も放出差し止めの暫定措置を含め、この問題の国際海洋法裁判所への提訴を検討するよう指示した。新任大使から信任状を受け取る場では相星孝一駐韓大使に懸念の意を伝えたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。