«
»

韓国2大市長補選で与党惨敗、文政権の「偽善」 民心が審判

韓国の文在寅大統領=1月21日、ソウル(EPA時事)

保守派 来年大統領選へ弾み 対日政策「漂流」も

 韓国で7日投開票した首都ソウルと第2都市・釜山の市長補欠選挙は事実上の保革一騎打ちとなり、いずれも左派系の与党「共に民主党」が惨敗を喫した。「偽善」と評された文在寅政権の失政を有権者が「憤りの投票」(保守系の最大野党「国民の力」関係者)で審判した形。勝利した保守派は来年3月の大統領選へ弾みをつけた。 (編集委員・上田勇実)

 「これで韓国政治の潮目が大きく変わるかもしれない」

 与党惨敗を受け、韓国大手シンクタンクのある幹部はこう指摘した。文政権発足(2017年)以降に実施された統一地方選(18年)や総選挙(20年)など主要選挙で与党は圧勝し続けていたが、今回初めて真逆の結果を突き付けられたからだ。

 両補選は大統領選の前哨戦と位置付けられていただけに、朴槿恵前大統領の弾劾以来、「積弊」とレッテルを貼られ、萎縮していた保守派にとっては政権奪還に向け息を吹き返したと言える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。