ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

韓国は歴史の教訓に学べ

300

 3月18日、ソウルで開かれた米韓両国の外務・国防閣僚協議(2プラス2)は成果無く終わった。

 バイデン政権発足後初めて外務、防衛の両閣僚が日韓を歴訪して2プラス2を開いた直後に米中外交トップ会談に挑んだのは、中朝の脅威が米外交の最優先課題であることを示している。今回、日米は中国の海洋進出と北朝鮮の核ミサイルの脅威に厳しい姿勢を表明したが、米韓協議で韓国側は中国と北朝鮮の顔色を見ながら曖昧な姿勢にとどまった。韓国にとって「米国は安保同盟国だが中国は最大の貿易国」なので、米中二股路線を維持しようとのスタンスだろう。

 日本と韓国は核を持ってないが、中国と北朝鮮は核保有国だ。だから、日米同盟と米韓同盟は東アジア地域の平和と安全を支える2本柱である。遠い強大国と同盟して隣の強大国を牽制(けんせい)する「遠交近攻」と「勢力均衡」は東西古今を問わず平和と安全を保つ二つの要諦である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。