«
»

「物言えば唇寒し」の北朝鮮

宮塚 利雄

刑法にない「ポルノ」処刑国家の体を成しておらず

山梨学院大学教授 宮塚 利雄

 朝鮮語に「アルダガド モルヌン」(分かったようで分からない)という言葉があるが、最近、マスコミで伝えられた北朝鮮情報に接して、北朝鮮がはたして「国家としての体を成している」のか、まさに理解に苦しむ、分かったようで分からない国に見えてきた。

 と言うのも、「朝日新聞」(9月21日付)が報じた「9人処刑 正恩夫人の醜聞隠し」というタイトルの記事だ。タイトルからして尋常ではない。すでに存じている方もいるだろうが、記事を紹介すると、「北朝鮮で8月、金正恩第1書記の夫人、李雪主氏の不祥事が持ち上がり、事実を隠蔽するために関係者の公開処刑が行われた。李氏がかつて在籍した銀河水管弦楽団は解散したという。……8月17日に9人を逮捕した後、裁判にかけずに3日後の20日、平壌市の外れにある姜健軍官学校の練兵場で、軍や党の高位幹部や楽団関係者が立ち会うなか、9人を銃殺した」という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。