ワシントン・タイムズ・ジャパン

韓国海軍の空母建造計画に思う

杉山 蕃

「いずも改修」が引き金に 中国の軍拡に対処する意義も

元統幕議長 杉山 蕃

 今回は、韓国海軍の空母建造に関連して若干の所見を披露したい。昨年8月韓国国防省は韓国海軍の空母建造を公表した。以後半年、韓国国内での有力諸紙の反対論をはじめ、米中両国でも疑問の声が上がるなか、年末の作業で10億ウォンの初年度予算がスタートした。100億ウォンといわれた要求額に対し、やや腰砕けの感もするが、2022年基本設計、26年建造開始、33年就役の計画という。今後の推移を観察するとともに、我が国の対応を検討すべき事案であり、三つのポイントに整理する。

対北抑止力にはならず

 第一点は、韓国内および国際的な疑問の声が高い、「空母が必要な軍事環境であるか」という指摘である。海外領土を持たず、領海もさして広いとは言えない韓国は、防衛力の主体は対立する北朝鮮への抑止力、侵攻された場合の対応力が重点と見るのが当然で、空母部隊の建設には首を傾(かし)げるのが率直な所見である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。