«
»

仮想通貨の窃取に拍車、北サイバー攻撃

1月5日、平壌で開幕した朝鮮労働党第8回大会で、党中央委員会活動に関する報告を行う金正恩委員長(朝鮮通信・時事)

制裁やコロナで外貨不足 核・ミサイル開発の資金源に

 北朝鮮がサイバー攻撃を通じた仮想通貨の窃取に拍車を掛けている。国際社会による制裁や新型コロナウイルスの感染防止に向けた中国との国境封鎖などに伴う外貨不足を補うのが狙いとみられる。これらは核・ミサイル開発の資金源になっている可能性が高いといい、憂慮される。 (ソウル・上田勇実)

 国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の下で制裁違反を調べる専門家パネルがこのほどまとめた報告書によると、北朝鮮は2019年~20年11月の間に仮想通貨取引会社へのサイバー攻撃を通じ、推計3億1640万ドル(約333億円)を盗んだ。これらは「核・ミサイル開発の資金源になっている可能性がある」(報告書)という。

 またロシアのコンピューターセキュリティー会社「カスペルスキー」の関係者は先月、韓国マスコミへの取材に「北朝鮮のサイバー攻撃は昨年、回数も増え規模も大きくなった」と明らかにした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。