«
»

李明博・朴槿恵「赦免」論の背景

「国民の統合」と「品格」のため 与党代表が口火、野党にも同調者

 韓国の朴槿恵(パククネ)前大統領の3年9カ月にわたる裁判が終結した。「国政壟断(ろうだん)」で朴被告は懲役15年と罰金180億ウォン、他の容疑で懲役5年を言い渡された。69歳の前大統領はこれから20年も監獄で過ごさなければならない。

 同じく訴追された李明博(イミョンバク)元大統領(79)は昨年10月に懲役17年、罰金130億ウォンが確定して服役中である。

 韓国で元大統領が罪に問われた例として、「軍事反乱と秘密資金」で収監された全斗煥(チョンドゥファン)、盧泰愚(ノテウ)の両氏がいた。収監されないまでも、家族や周辺のスキャンダル・疑惑が追及された金泳三(キムヨンサム)氏、追及される前に自死した盧武鉉(ノムヒョン)氏の例もある。韓国で“最もリスキーな職業が大統領”というのもうなずける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。