«
»

韓国 米朝仲介から日朝仲介へ?

菅義偉首相

金正恩氏の東京五輪招待に期待 拉致問題テコに北に接近

 韓国の文在寅政権が来年の東京五輪・パラリンピックを舞台に拉致問題で関係が冷え込む日朝の仲介を果たそうと意欲を示している。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に訪日を説得し、拉致解決や国交正常化などの糸口を見いだしてもらい、あわよくば南北関係改善につなげるのが狙いとみられる。だが、日本の北朝鮮や韓国に対する不信は根深く、思惑通りいくかは見通せない。 (ソウル・上田勇実)

 今月、急きょ来日した韓国国家情報院長の朴智元氏は菅義偉首相や自民党の二階俊博幹事らと相次いで会い、その目的に関心が集まった。朴氏は菅首相を表敬訪問した場で「文大統領の『東京五輪構想』を説明した」(韓国紙朝鮮日報)という。

 それは来年7月の東京五輪を契機に「韓日の懸案である元徴用工問題と北朝鮮による日本人拉致問題、北朝鮮の核問題など北東アジアの安全保障問題を一括妥結しようというもの」(同紙)だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。