«
»

韓国 文政権また中国寄り姿勢

2019年12月31日、米ニューヨークのタイムズスクエアで歌を披露する韓国の人気音楽グループ「BTS(防弾少年団)」(UPI)

先駆け武漢直行便再開

 韓国の男性人気音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が朝鮮戦争(1950~53年)で米韓両国が協力した歴史に言及し、これに中国が反発した問題で、中国の不遜な態度に批判が集まる一方、韓国の文在寅政権は逆に中国寄りともいえる言動を繰り返している。米中覇権争いの狭間で文氏の親中ぶりが改めて浮き彫りになった。 (ソウル・上田勇実)

 BTSは今月7日、米韓関係の発展に貢献したとして米非営利団体「コリア・ソサエティー」から表彰を受けた際、メンバーの一人が今年は戦争勃発70年の大きな節目であることに触れながら、「(米韓)両国が共に経験した苦痛の歴史をずっと忘れない」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。