«
»

南北共同宣言2年、うわべの平和に文氏執着

握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=2018年9月、平壌(AFP時事)

正恩氏はメッセージなし 韓国保守「片思いと幻想」

 韓国の文在寅大統領は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談で平壌共同宣言に署名してから2年を迎え、平和実現への意志を改めて示した。だが、この2年で北朝鮮は完全非核化に向け一歩も踏み出さず、韓国に対しては米国との交渉決裂を機に強硬な態度に転じるなど、平和はうわべのものだったことが分かりつつある。 (ソウル・上田勇実)

 文氏は共同宣言2年の19日、自身のフェイスブックに所感をこう記した。

 「金正恩委員長と共に朝鮮半島非核化と平和の朝鮮半島を宣言した。(中略)南北間の武力衝突はただの一度も発生しなかったが、これは極めて貴重な進展だ」

 「平和に対する私たちの意志は確たるものだ。(中略)(冬季五輪開催地の)平昌の競技場で、板門店で、平壌で植えた種を一抱えの木に育てなければならない。南北の時計が再び動き出すことを望む気持ちでいっぱいだ」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。