«
»

「ポスト安倍」期待よりも憂慮 韓国

菅氏優位で「強硬続く」
歴史認識で“品定め”

 安倍晋三首相が辞意を表明して以降、韓国では「ポスト安倍」の行方に関心が集まっている。「右傾化を主導した」と見なしてきた安倍首相の辞任自体が日韓関係改善の契機になると期待する声もあるが、それ以上に次期首相に最も近いとみられる菅義偉官房長官の歴史観などを問題視し、韓国には強硬策が続くのではないかとの憂慮が広がっている。
(ソウル・上田勇実)

頭越しの日朝対話も警戒

 日韓間では相手国のトップが交代するたびに関係が改善するのか悪化するのか議論が沸き起こる。日本の首相が交代する場合、韓国では決まってその“品定め”の基準にするのが歴史認識問題に対する姿勢だ。

文在寅大統領(AFP時事)

文在寅大統領(AFP時事)

 韓国各紙は安倍首相の辞意表明をこぞって社説で扱ったが、「A級戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社を参拝するという挑発をした」(朝鮮日報)、「日本を戦争可能な普通の国にしようと執念を燃やし周辺国との摩擦を招いた」(東亜日報)などと比較的、日本に理解がある保守系大手紙でさえ歴史認識問題をめぐる批判が並んだ。

 韓国では「安倍首相=韓国にとって悪い人」というイメージが国民の間で定着していた感があり、日韓問題に携わる人の間でまことしやかに「安倍首相さえいなければ韓日関係は良くなる」とも語られていた。

 だが、安倍首相には韓国の国益にも合致する功績がある。米国との同盟関係を強固なものとし、韓国との間でも軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を締結して日米韓3カ国の連携強化を図ることで、北朝鮮の武力挑発や中国の覇権主義に対抗する体制づくりに尽力したことだ。

菅義偉官房長官

菅義偉官房長官

 しかし、韓国でこうした安倍首相の功績を公然と語る人は皆無に等しい。むしろ「韓国政府が推進してきた朝鮮半島平和プロセスを邪魔した」(左派紙・京郷新聞)と不快感を露わにするほどだ。非核化交渉の背後で密かに核・ミサイル開発を進める北朝鮮を弁護し、対北経済支援を模索することに異を唱えた安倍首相を批判しているわけだ。

 韓国では安倍首相が退けば「日本の右傾化にも歯止めが掛かる」という期待が一部であった。それは菅氏が安倍首相と違って政治的な理念・哲学が「守備型」であるという評価に基づいているようだ。

 しかし、実際には菅氏が首相になっても対韓政策に変化はないという慎重論の方が多い。「菅氏は安倍氏と一緒に政権運営をしてきた人であり、菅氏自身も韓国に対し厳しい考え方を持っていると、韓国の専門家たちは見ている」(陳昌洙・世宗研究所首席研究委員)という。

 歴史認識問題への姿勢でも、朝鮮半島統治時代の伊藤博文・初代統監を暗殺した安重根を菅氏が6年前に「犯罪者と称した」として蒸し返し、自国の価値観を押し付ける韓国メディアもある。

安倍晋三首相

安倍晋三首相

 韓国にとって菅氏の背後に安倍首相の影がだぶって見える理由には、2人が北朝鮮による拉致問題解決に二人三脚で取り組んできた経緯もある。

 菅氏は自民党総裁選の出馬表明で、安倍政権で最優先課題と位置付けられ続けた拉致問題解決に向け「金正恩朝鮮労働党委員長と条件を付けずに会って活路を開きたい」と述べた。日朝交渉が水面下で進むことになれば、北朝鮮との対話が膠着(こうちゃく)状態にある文政権としては「面白くないはず」(日本政府関係者)。頭越しの日朝対話を警戒し、「場合によっては妨害してくる」(同関係者)恐れもありそうだ。

 「ポスト安倍」の時代になっても日韓関係改善の展望は簡単に開けそうにない。

 驚くことに韓国では、戦後最悪とまで言われた日韓関係悪化の原因提供は全面的に「嫌韓を政治利用した」(ハンギョレ新聞)安倍首相側にあったと広く認識されている。元徴用工判決に伴って生じた国際法違反の状態を韓国政府が是正しない問題にも「文政権は消極的な態度を取り続ける公算が大きい」(陳氏)と言う。韓国が日本の出方次第という受け身の姿勢を改めない限り、関係改善は難しそうだ。

4

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。