«
»

対北人事、安保に弊害 韓国・文政権

2015年、新政治民主連合(現、共に民主党)の代表選挙に出馬した朴智元(左端)、李仁栄(中央)、文在寅の3氏=韓国紙セゲイルボ提供

北メディア歓迎「米と戦え」 裏金、スパイ関与の過去

 韓国の文在寅大統領が今月3日、対北政策の責任者を筋金入りの親北朝鮮派で固める人事(一部は国会聴聞会待ち)を発表し、物議を醸している。人事は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、与正氏が先月、韓国に脅しまがいの談話を発表したことを受けての措置とみられるが、外交安保をめぐる米国との溝はますます深まりそうだ。(ソウル・上田勇実)

 今回の人事でまず驚かされるのは情報機関である国家情報院(国情院)の院長に内定した朴智元・前議員だ。

 2000年、同じ南西部の全羅道出身で朴氏が最側近として支えていた金大中大統領が北朝鮮の金正日総書記と初の南北首脳会談を行ったが、その実現に向け特使として訪朝し、財閥・現代グループを通じ北朝鮮に約4億5000万㌦を違法送金させた裏金工作の中心人物が朴氏だ。後に実刑判決を受けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。