«
»

金与正氏毒舌など悪口つくる北朝鮮エリートに注目した「バンキシャ」

◆微笑みの与正氏豹変

 北朝鮮が同国内の開城工業団地に韓国と合意して開設した南北共同連絡事務所を16日に爆破したが、21日日曜日の報道番組での扱いは意外と小さかった。

 南北、米朝関係の潮目の変化だが、もはやオオカミと少年の寓話(ぐうわ)のように驚かなくなったのか?――18日の河井克行前法相と妻の案里参院議員の逮捕、同じ日に政府の新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した19日からの移動の自粛全面解除による観光地などの人出を追っていた。

 ただ、これまで瀬戸際外交を繰り返す北朝鮮ながら、今回の新味は最高指導者・金正恩朝鮮労働党委員長の妹の与正党第1副部長の豹変ぶりだ。容姿端麗な女性にして平昌冬季五輪、南北首脳会談、米朝首脳会談で微笑外交を演出し、とりわけ韓国での親北的な融和ムードを高めたと思われる。それが突如として辛辣(しんらつ)な表現で韓国側への批判を切り出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。