«
»

八方塞がりの金正恩政権

宮塚コリア研究所代表-宮塚利雄

滞る対米交渉・対中交流 警戒すべき「核戦力強化」路線

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 例年ならば4月から5月にかけての北朝鮮の話題といえば、4月15日の太陽節(故・金日成主席の誕生日)の行事と、全国民を挙げての「モネギチョントゥ(田植え戦闘)」である。しかし、今年は中国・武漢発の新型コロナウイルスの感染拡大が、北朝鮮にも大きな影響を及ぼした。

 年初から中国の周辺地域とヨーロッパ、特にイタリア辺りでの新型コロナウイルス感染者が発生・拡大していた時に、一人北朝鮮だけは「わが国は感染者ゼロです」と世界保健機関(WHО)に報告し、中国の習近平政権に媚(こ)びを売った。

 これに対して海外の新聞は、「北朝鮮に感染者がいないはずはない」「感染者ゼロの可能性はゼロ」などと、しゃれにもならない論調で、北朝鮮におけるコロナ感染状況に貴重な紙面を割いていた。

韓国政府が冷静な対応


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。