«
»

米中衝突で浮かぶ韓国外交の課題

1日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(AFP時事)

普遍的価値中心に原則定めよ

 米国と中国の衝突が尋常でない。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の責任をめぐる対立が全方向に広がっている。米中で交わされた激しいやりとりと行動は前例のない程で、復元不能な局面に達したと分析される。

 国際社会で米国は威信を、中国は信頼を失った。新しい冷戦がどんな姿になるのかを推察させるものだ。米国などの学界では米中戦争の可能性を憂慮する声が大きくなっている。最近の台湾・香港などをめぐる米中の対立をみると、偶発的・制限的武力衝突が一触即発の危機に突き進む状況が想定できる。

 冷戦時代には世界が米国・ソ連中心の両陣営に明確に分かれたが、今は一方的に一方の肩を持つことができず、境界が明らかでない。それでも米国は組み分けを試みる。同盟国に反中国路線を明確にするよう要求する。米国が中国をグローバルサプライチェーンから排除しようと経済繁栄ネットワーク(EPN)を推進するのもその一環だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。