■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家

    「歴史」はどこまで遡るべきか

     当方が歴史に余り関心がないといえば、歴史物や歴史小説が好きな友人は決まって「それではダメだ。歴史を知らなければ、自分が分からないぞ」と軽蔑した目で見る。もう慣れてしまったが、当方にも理由がある。歴史といってもどこまで遡って学ぶべきか、分からないからだ。日本史しかり、世界史しかりだ。

    300

    歴史問題に没頭する韓国の文在寅大統領(韓国大統領府公式サイトから)

     歴史では、その史実が正しいか、そうではないのか、追認できない場合がほとんどだ。「初めに歴史があった」という感じがするうえ、分厚い歴史書を読み、歴史のジャングルの中に入りたくない思いが強い。

     弁解かもしれないが、近い将来、タイムマシーンができれば、過去を追認できるから、その時になれば、歴史は純粋な学問となる。その時まで歴史のジャングルに入り込まないほうが無難ではないか。過去には関心があるが、目撃ないしは体験した範囲であり、歴史と呼ぶには相応しくないだろう。

     昨年末、2冊の本を東京から送ってもらった。1冊は今ベストセラーの「反日種族主義」(李栄薫編著)だ。もう1冊は「北朝鮮外交秘録」(太永浩著)だ。後者は著者が当方より少し若いだけで、その内容は当方も目撃、ないしは聞いたことがある同時代のテーマが記述されている。前者の本は過去の歴史的な内容を検証した学者の研究結果だ。ある意味で歴史研究書だ。テーマが日韓問題でなかったならば、敬遠していた歴史物だ。後者の本は脱北の元駐英北朝鮮大使館公使の証言集だ。

     2冊が届くと、当然だが後者を先に読みだした。その著書には、当方が会い、インタビューした人物が2人登場していた。1人は、北朝鮮のナンバー2だった金永南前最高人民会議常任委員会委員長の息子、金東浩氏だ。約20年前、同氏とウィーンの国連内レストランで昼食をしながら話したことがある。金東浩氏と著者はほぼ同年齢で同じ学校に通っていたことも知った。もう1人はオーストリアの北朝鮮大使を26年間勤め、昨年末、平壌に帰国した金光燮大使だ。本の内容は面白く、金光燮大使に弟がいたことをも初めて知った、という次第だ。

     テーマの歴史に戻る。歴史を知るためにはどの時代まで人は戻るべきだろうか。歴史を学ぶことで現在生きている我々の生き方を知るという面でいえば、イエスが降臨した2000年前までかもしれない。キリスト教神学がユダヤ教を土台として発展してきた、という観点から言えば、ユダヤ人が登場するアブラハムが生きていた時代まで遡らなければならない。限りなく現代から遠ざかっていく感じで、疲れを覚えてしまう。

     ユダヤ民族にとって、ヤコブがイスラエルという呼称を神からもらった時代から民族の歴史が始まるだろうが、極東アジアで生まれ当方にはアブラハムといっても赤の他人に過ぎないし、彼がアジア人の先祖とは思えない。

     宇宙が誕生したのは138億年前という。それならば、歴史を学ぶためには138億年前まで遡らなければならなくなる。完全な歴史学者となるためには、同時に宇宙天文学者でなければならないわけだ。同時に、宗教・神話研究家でなければならなくなる。膨大な領域の知識を学ばなければならないわけだ。身近な問題でさえも完全に掌握することに苦労している当方にとって、ゆえに歴史は久しくタブーだったのだ。

     韓国人が日本の豊臣秀吉時代の政策に強く反発しているのを知ったが、豊臣秀吉は確かに日本で生まれた人物だが、その豊臣秀吉の対朝鮮半島政策を口角泡を飛ばして批判する姿をみて、「歴史は韓国民族を狂わしてしまった」という思いすら湧いてくる。

     当方にとって、心が動かされる歴史は「北朝鮮外交秘録」が言及している時代までだ。それを超えると、歴史は途端に物語となり、神話の世界に入り込んでしまう。豊臣秀吉の何が過ちで、本当に何をしたのか、分からない。その分からない歴史を持ち出して、現在生きている日本人を心の底から憎む韓国人の言動をみるにつけ、韓国人は歴史という化け物に取り憑かれていると感じてしまうのだ。

     聖書には「私はアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。初めであり、終わりである」(黙示録22章)という聖句がある。神の中に歴史が収束されているから、その聖句に接すると癒されるし、膨大な歴史物の圧力から解放されるのを感じる。

     宇宙物理学者のインフレーション理論を想起してほしい。宇宙はビックバン以来、膨張している。どこまで膨張するのかは予測できないが、宇宙は最後には爆発し消滅するともいわれる。いつかは消滅する人類の歴史に取り組む気力がなくなっていく。

     朝鮮半島には日本を嫌い、機会があれば中傷・罵倒したい衝動を抑えきれない反日の韓国人がいる。彼らに聞きたいことがある。「あなたの歴史はどこまで遡っているのですか」と。

     韓国人は日本軍慰安婦を糾弾するが、それは1937年から45年の間だが、その前にも後にも慰安婦は登場してきた。韓国軍慰安婦の歴史は日本軍のそれより長い。李栄薫編著は慰安婦問題を「戦争の文化」と表現している。とすれば、その慰安婦の歴史はアダムとエバの人類祖先まで遡ることになる。

     イタリアの法学者チェーザレ・べッカリーア(1738~94年)は著書「犯罪と刑罰」の中で「歴史のない国民は幸福である」と書いている。隣国・韓国人の反日言動に接する度に、「歴史がなければ、韓国人はどんなに幸せな民族となるだろうか」と呟かざるを得ないのだ。

    (ウィーン在住)

    3

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。