«
»

韓国の好感度「最低」の年末に「日米韓」の重要性指摘した「報道1930」

◆調査を開始以降最低

 内閣府が20日、「外交に関する世論調査」を発表した。それによると、韓国に「親しみを感じる」と答えたのはわずか6・3%。「どちらかというと感じる」も20・4%だけで、合わせると、26・7%。これは前年より12・7%下がって、調査を始めた1978年以降、最低だった。

 12月20日といえば、1年前に海上自衛隊P1哨戒機が韓国海軍駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた日だ。このレーダー照射問題や軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄問題、またそれ以前から続く「元慰安婦」「徴用工判決」を含め、この1年間、日韓関係は「戦後最悪」と評されるような状況に陥ったのだから、冒頭の数字を見ても驚く人は少ないだろう。

 この世論に影響を与えた一つはテレビだ。視聴者の関心が高いこともあって、日韓問題をテーマにした時事情報番組がこれほど多かった年は過去になかったのではないか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。