«
»

空と海から日本に牙むく北朝鮮

宮塚 利雄

安倍首相を激しく罵倒 金委員長こそ“戦争気違い”

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 11月末に韓国に「韓国政府が脱北船員を秘密裏に強制送還した」事件を調べに行ってきた。ところが韓国入りした25日に北朝鮮の金正恩委員長は、文在寅大統領の日韓軍事情報包括保護協定(GSОМIA)覆しに怒って、「9・19南北軍事合意」の破棄を行動で示すべく、黄海の北方限界線(NLL)の最前線部隊で砲射撃訓練を指揮し、「戦争準備と戦闘力強化がすなわち最大の愛国」と前線の部隊を激励した。

 そして帰国する28日には、金委員長は国防科学院が行った「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の連発試験発射を視察し、金委員長は「大きな満足の意を表した」と朝鮮中央通信は翌29日に報じた。わずか4日間の韓国滞在中に、北朝鮮は2度も射撃訓練をしたことになる。

お得意の「弱者の恫喝」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。