«
»

韓国・文政権 中国の反米同調圧力に動揺

文在寅大統領

ミサイル配備に曖昧姿勢 「中国の核の傘」提案する補佐官も

 中国が韓国に対し安全保障上の反米路線に同調するようあからさまに圧力をかけている。韓国に配備した迎撃ミサイルの撤去や新たな中距離ミサイル配備の見送りを求め、北東アジアにおける日米韓3カ国の連携を崩そうとしている。韓国・文在寅政権は経済依存度が高い中国の意向を無視できず、相変わらず右往左往している。 (ソウル・上田勇実)

 先週、5年ぶりに訪韓した中国の王毅外相は文大統領との会談で、南部の星州(慶尚北道)に配備された在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD=サード)に言及し、「サードなど中韓関係の健全な発展に影響を及ぼす問題を今後とも適切に処理することにした」(華春瑩・外交部報道官)という。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。