«
»

北朝鮮の瀬戸際外交は子供の火遊び

■燃焼実験

 北朝鮮は12月7日に西海衛星発射場で、ICBM用エンジンの燃焼実験を行った様だ。これは数日前から兆候が確認されており、北朝鮮が意図的に見せ付けた兆候と思われる。さらに北朝鮮の金星国連大使は同日、「米国と今、長い協議を行う必要はない。非核化は既に交渉のテーブルから下ろされた」と発言した。これは明らかにトランプ大統領への宣戦布告になる。

■北朝鮮の瀬戸際外交は乞食外交

 北朝鮮が瀬戸際外交をしていることは知られている。瀬戸際外交とは相手国にコストが合わない戦争を売付け、相手国は戦争回避目的で譲歩する。成功すれば瀬戸際外交になる。だが相手国が怒って開戦すれば瀬戸際外交の失敗。

 アメリカは過去に何度も北朝鮮に対して譲歩した。これは北朝鮮からコストが合わない戦争を売られたので、戦争回避目的で譲歩した。過去のアメリカは北朝鮮に食料と金を渡して一時的に戦争を回避。だが味をしめた北朝鮮はアメリカに寄生する。

 アメリカ軍の戦力であれば北朝鮮に勝てることは判っている。だが勝つにしても消費される金・物資は多いので、勝利としてはコストが合わない。しかも中国とロシアが必ず北朝鮮を支援するので、戦争が長期化することも判る。そうなれば中国とロシアが利益を得るだけなので、アメリカは北朝鮮との戦争を回避した。

 だが北朝鮮としては旨味のある瀬戸際外交なので、定期的にアメリカから食料を得るための乞食外交にした。アメリカとしては北朝鮮に寄生されたことになるので、歴代アメリカ大統領には迷惑な国になっている。

■これまでとは異なるトランプ大統領

 しかし、トランプ大統領になると変化が出た。北朝鮮はアメリカに対して瀬戸際外交を実行するが、トランプ大統領の思考はこれまでとは異なっていた。トランプ大統領は北朝鮮の脅威に合わせて軍事行動を段階的に上げた。これは過去のアメリカ大統領と変わらない。

 だが、トランプ大統領は途中から方針変更。端的に言えば北朝鮮の軍事的脅威を無視。本気で戦争する気のない北朝鮮からすれば、無視されたら瀬戸際外交用の脅威は無価値になる。トランプ大統領が無視すれば食料・金は手に入らない。

 トランプ大統領は不動産屋だから、価値がない物には金を出さない方針。これが北朝鮮に適用されたので、北朝鮮は逆ギレして西海衛星発射場で燃焼実験を行い、金星国連大使を使い非核化交渉が行われないことを伝えた。

■困るのは北朝鮮

 非核化を交渉材料から排除すれば困るのは北朝鮮。何故なら交渉材料がなくなれば、アメリカは北朝鮮を攻撃する可能性が高くなる。北朝鮮の防空レーダーはお粗末で、骨董品のB52爆撃機すらレーダーで探知でないほど電力不足。

 アメリカ軍が夜間に空爆を行えば、朝には北朝鮮の政府施設・軍事施設の大半は消えている。これが明らかだから非核化は北朝鮮を護る切り札。これを公の場で捨てる行為は自殺行為。つまり北朝鮮は真に非核化を止めたわけではない。

 北朝鮮は譲歩しないトランプ大統領に焦り、非核化カードを捨てて戦争の脅威を上げた。戦争の脅威に焦ったトランプ大統領が交渉再開を求めたら、北朝鮮は非核化を再度交渉カードに戻す予定と思われる。つまり戦争回避を求めるトランプ大統領に、非核化交渉再開をネタに恩を売る計画なのだ。

■選択肢が増えたトランプ大統領

 北朝鮮は数日前から燃焼実験の兆候を見せ付けた。その後燃焼実験を行い、トランプ大統領を挑発した。だがトランプ大統領は無視。そうなれば北朝鮮の言動は一人芝居。時間と金の無駄であり乞食外交になるだけ。

 トランプ大統領から見れば北朝鮮は不動産としての価値はない。北朝鮮がハワイまで届く長距離弾道ミサイルを発射するまでは北朝鮮を攻撃する意思は持たないだろう。だがトランプ大統領は選択肢が増えるので良い話になる。

 アメリカが香港人権法を成立させ、次はウイグル人権法案を進めている。さらに米中貿易戦争だから中国とアメリカは対立中。こんな時に香港市民を援護するために空母艦隊を東シナ海に展開させる口実ができた。

 トランプ大統領は建前として北朝鮮向けに空母艦隊を展開したと発言可能。本音は香港市民を援護する威嚇だが、北朝鮮の過激な言動が誤魔化しの材料になる。こんな都合の良い話は滅多にない。

 トランプ大統領は米中貿易協議に影響しない範囲で、空母艦隊を用いて中国を威嚇することが可能になった。そうなれば中国は香港市民を武力鎮圧できない。仮に中国が香港市民を武力鎮圧すれば、東シナ海の空母艦隊を即座に香港に投入できる。

 北朝鮮はこの様なアメリカに都合が良い条件を提供している。トランプ大統領がこれを見逃すわけがない。何故なら空母艦隊を東シナ海に展開するだけで、北朝鮮と中国に対応できる一石二鳥。つまり一番困るのは中国なのだ。

■北朝鮮が中国を困らせる

 今回の北朝鮮はタイミングが悪い。トランプ大統領に瀬戸際外交を仕掛けたが、結果的に中国を困らせることになっている。トランプ大統領は北朝鮮を無視することで、中国を困らせることができる。ならば無視すれば良いのだ。

7

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。