«
»

GSOMIA破棄撤回、強まる日米の韓国不信

金有根・国家安保室第1次長

中朝牽制の意志不確か 在韓米軍の縮小・撤退論も

 韓国の文在寅政権が、8月に破棄を宣言していた日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を協定失効直前の土壇場で方針転換させ延長することにしたドタバタ劇は、協定失効が回避されたことに安堵の声が上がる一方、日米の韓国に対する不信感を強める結果となった。今回の事態は、北朝鮮や中国の軍事的脅威に対抗する日米韓3カ国の防衛連携が文政権下の韓国との間ではいつでも揺らぎかねない危うさも露呈した。(ソウル・上田勇実)

 米国のアーミテージ元国務副長官とビクター・チャ元国家安全保障会議アジア部長はこのほどワシントン・ポストへの寄稿文で、文政権が協定破棄を撤回したことを「賢明だった」としながらも、「米韓関係の信頼はすでに失われた」と指摘。日韓問題に米国を引きずり込んだことを「同盟乱用行為」と批判した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。