«
»

北朝鮮の相次ぐミサイル発射実験に歯止めを掛ける方法、ありやなしや

北朝鮮には国際法が通用しそうにないのが、実に恐い。

法の支配の観念がない相手に国際法をいくら説いても、無視されて終わりになる。

今度は、潜水艦からのミサイル発射だと報道されているから、北朝鮮のミサイル攻撃能力が格段に向上していることは否定できないだろう。

日本のEEZに落下することまで予め北朝鮮が想定していたかどうかまでは分からないが、事前通告なしのミサイル発射だから、何があってもおかしくない。

目下のところ日本側に具体的被害が発生していないようだから、日本政府側として抗議声明ぐらいで留めるのは仕方がないだろうが、黙っていると北朝鮮側のミサイル発射実験は益々エスカレートしかねない。

国交がない日本としては正直打つ手がないのだろうが、しかし抗議声明くらいでは最早済まされない段階に来ているのではないか。

アメリカのトランプ大統領は、まだ自分の国には関りがないなどと高を括っているようだが、潜水艦からのミサイル発射が常態化すると、いつ何時アメリカ本土が射程距離に入るようになるかも知れない。

アメリカもいつまでものほほんとしていられないはずである。

河野防衛大臣の真価が、そろそろ問われそうである。
まずは、日本の国民を安心させるメッセージを発していただきたい。


「早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称早川学校」ブログより転載
https://ameblo.jp/gusya-h/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。