«
»

総選挙にらむ文氏の反日扇動

高永喆氏

 北朝鮮は最近2週間の間に、弾道ミサイルを2発ずつ4回も発射した。北は米韓合同演習を行う文在寅政権に対し「殴られるような行為をするな」と警告するが、文政権は相次ぐミサイル発射に対して遺憾声明さえ出せない。

 文政権が北朝鮮に屈辱的である理由は、北の動向が韓国の大統領選挙の勝敗を決めるからだ。さらに、韓国の左派政権は北朝鮮に多くの弱点を握られていると言われる。弱点が暴露されたら韓国の左派政権は政治生命が終わるので、北朝鮮の言いなりになるしかない。

 文氏は就任後、脱原発政策を推進し、国内の原子力発電業界や海外での原発建設受注に莫大(ばくだい)な損害を与えている。さらに、サッカー競技場6000個分に相当する全国の森林を伐採して中国製太陽光パネルを設置したが、台風で土砂崩れが相次ぎ、重金属による土壌汚染が深刻となっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。