■連載一覧
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    韓国は自滅の道をまっしぐら!

     文大統領、首相、国会議員たちという韓国の為政者たちが日本と断交や戦争を辞さないという発言を繰り返しています。

     これに普通の日本人はあきれ返って物も言えないようになっています。

     つまり日本を取り巻く環境がどんどん悪化しています。

     以前、シールズというバカ者、いや若者集団の一人(私の学校の後輩なんですが…)が酒を酌み交わしとことん話し合うというようなことの発言をしていましたが、彼はいったい何をしているのでしょう。

     いまこそ親韓派と呼ばれる人たちの出番だと思いませんか。

     韓国に向かって「君たちはいったい何を誤解しているんだ。私がきちんと両国の未来のために解説するから、そこに座って聞いてくれ」と日ごろの人間関係を使って教えてあげればいいのではないでしょうか。

     そのための日韓親善活動ではなかったのではないでしょうか。

     普段、日韓政府の関係が悪くなると、今こそ民間交流が重要だと言っていた人たちが今回はほとんど声を上げません。

     たまに声を上げるのは、平城運転の共産党や立憲民主党、そしてれいわ新選組の山本太郎くらいのものです。

     そろって売国奴議員たちです。

     日本国民の95%が政府の今回の措置を支持しているので、マスコミも遠慮深く取り扱っています。ただ朝日新聞と毎日新聞は平城運転で、今回の措置をとても批判していますが、それをすればするほど、自分たちの購読者が減ることに気が付かないのでしょうか。それはそれでいいことですが。

     いままで韓国人の嫌いな日本人のワースト3は、豊臣秀吉、福沢諭吉、そして明石元二郎でしたが、今回確実に安倍晋三総理の名前が入るでしょう。

     安倍政権ができるまでは、どんな理不尽なことを日本に言っても、すぐに謝ってきて、さらにお金まで出してくれた日本だったのが、そのお金を削り倒し、今までの大人の対応が嘘のように強烈な反撃をくらわすことになったからです。

     まさに安倍総理がいなければ、こんなことにならなかったのにと思っている韓国人は特に政府を中心に多いでしょうね。

     どうしても理解できないのは、安倍総理の非難デモを韓国内で行うのでしょうか。どうせなら、自分の所の大統領の批判をした方が改善に直結するように思えてならないのですが…。

     本当に韓国人の精神状態がよくわかりませんね。

     文大統領は日本もホワイト国から外すと言っています。

     ということは、日本人観光客のビザ免を廃止するのでしょうか。ちゃんとビザを取らないと韓国には入れてあげないよと言いたいのでしょうか。

     ぜひ、早急にそれを実現してください。日本も韓国人観光客のビザ免を廃止できる口実になりますから。

     日本製品の不買運動や日本への旅行をやめる人が続出し、一番困っているのは韓国系企業です。

     韓国人が来日する際に使用するのは韓国のLCCです。7割とも8割とも言われていますが、それがガラガラで、運航休止に追い込まれています。日本に来て買い物をする場所は、韓国系が経営するお店がほとんどで、食べに行くお店も韓国系の経営者の所だったので、一番打撃を受けています。

     日本政府も韓国に行く際は注意をするように促し始めました。当然のことです。

     文政権は早くて来月、遅くても年内は持たないのではないでしょうか。

     経済が低迷し、政治もいろんな社会主義的施策がどんどん裏目に出ているからです。

     最賃を上げる法律を作り、大企業・財閥を目の敵にし、そして公務員を増加させました。

     あれ?これってれいわ新選組の公約と瓜二つですね。山本太郎の感情的なスピーチに心を動かされた人へ、貴方は日本経済を韓国経済のようにボロボロにしたいと思うのですか?

     最低賃金を法律で上げたのは良かったのですが、中小企業がその賃金で雇用する体力はないので、雇用がどんどん悪化して、失業者が多くなったので、国民の購買力が落ちているのです。それでまた景気が悪化して、どんどん悪循環をしているのです。さらに今回日本と経済戦争をすると、一気に韓国経済は破滅に道をまっしぐらになります。

     経済学者が机上の空論で考えた政策なんてこんなものです。

     だから、ソ連は崩壊したのです。なぜそれに学ばないのでしょう。

     大企業・財閥の悪口を言って、労働者の気持ちをつかむというのはレーニンが好んで使った手法ですが、もし、その大企業や財閥が国外へ本社機能を移したらどうなるのでしょう。また国内の雇用が落ち込み、失業者があふれ出ます。まさに韓国がその状態です。

     公務員を増やす?生産性のない公務員を増やしても、購買力はちょっと増えるかもしれませんが、稼ぎがないのに、支出だけを増やしても何の意味もありません。

     山本太郎は、韓国との関係を悪化させるのは得策ではない、すぐに辞めるべきだと言っていましたが、この人の日本に対する思いはいったいどこにあるのでしょう。

     国家がしっかりしていないとそこの国民は幸せになりません。韓国民を見たらよくわかるでしょう。

     日常の生活に一杯不満があるので、その不満の矛先を日本に対するデモにぶつけているだけです。政府もそれに誘導し、国民のたまりにたまった不満を吐き出させているように思えてなりません。

     さらに文大統領は北と経済協力したら日本に対抗できる、だから南北で経済協力をすると言っていますが、これって完全な国際社会による経済制裁に反する行動ですよね。

     ということは韓国は北と一緒になって、韓国も国際社会から経済制裁を受けたいと思っているのでしょうか。

     日本の新聞や報道はすぐさまハングル文字で報道されます。韓国の報道もすぐに日本語になって私たちの目に入ります。

     こういう状況を韓国はわかっているのでしょうか。国内向けに喋っていてもすべてそれは日本に入って来ているので、なおさら日本国民の感情を害しているということに気づかないのでしょうか。

     韓国内で商売している企業は速やかに撤退もしくは縮小を考えるべきだと思います。もし、そこに日本人従業員を行かせているのなら、速やかに帰国させるべきでしょう。

     今日本と韓国は戦争状態なのです。日本は全く相手にしていませんが、向こうは目の敵にしています。ヒステリックにどんどんその対応をエスカレートしてきています。

     今までのように一部のネット民が騒いでいるのならほっとけばいいのですが、韓国の大統領や首相や国会議員が言っているのです。

     もっと危機感をもって考えるべきだと思います。

      米中は経済戦争をしているということをある程度経済状況の分かっている人は否定しないでしょう。それと同じように日韓も経済戦争に相手が勝手に思い込んでいるのです。これこそ偶発的な何かが起きる心配があります。

     修学旅行?自分の子供たちをそんなところに行かせる親や学校の気がしれません。

     個人旅行?いったい何を食べさせられているのかわかったものじゃありません。韓国料理を食べるなら、日本国内の韓国料理店の方がおいしく、衛生的だと思います。

     ビジネス?今後もこの状態が続いたらどうなるでしょう。それよりも韓国経済がこのままでは持たないし、もし北朝鮮と統一したらどれだけの失業者が韓国内に溢れかえるか想像しただけでも恐ろしくなると思いませんか。

     なぜなら、北と南の賃金格差は大きく、安い北の労働者が南に入ってきたら、どんなに法律で規制しようとも、一気に賃金は下落するからです。

     文大統領は北の持っている核兵器を一緒になったら自分たちものになると思い込んでいるのでしょうが、統一したら、真っ先に処刑されるのが文大統領だということが分からないのでしょうかね。


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    10

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。