■連載一覧
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 新閣僚インタビュー
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 2019/11/04
  • 2019/10/08
  • 2019/7/18
  • 2019/7/11
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • ロバート・D・エルドリッヂ
    ロバート・D...
    エルドリッヂ研究所
    江崎 孝
    江崎 孝
    人気政治ブログ「狼魔人日記」主宰
    我那覇 真子
    我那覇 真子
    フリーライター
    星 雅彦
    星 雅彦
    沖縄県文化協会顧問
    松谷 秀夫
    松谷 秀夫
    普天間日米友好協会会長
    仲村 覚
    仲村 覚
    沖縄対策本部代表
    仲里 嘉彦
    仲里 嘉彦
    万国津梁機構理事長
    西田 健次郎
    西田 健次郎
    OKINAWA政治大学校
    豊田 剛
    豊田 剛
    那覇支局長
    宮城 能彦
    宮城 能彦
    沖縄大学教授

    文大統領の「南北平和経済実現」は韓国経済自滅宣言

     米韓両軍は北朝鮮に対する合同演習をやり、北朝鮮は合同演習に対抗して短距離弾道弾を飛ばしている状況の中での文大統領の、
    「南北間の経済協力によって平和経済が実現すれば我々は一気に日本経済に優位に追いつくことができる」
    には大笑いである。軍事で対抗している韓国と北朝鮮が経済協力するはずがない。経済協力したいのなら北朝鮮を敵視する米韓合同軍事演習を止めろと北朝鮮はいうだろう。そして、米軍の韓国からの撤退を要求する。そんなこと韓国にできるわけがない。北朝鮮と経済協力するなんてお笑いである。

    北朝鮮は金正恩独裁国家である。金正恩主席は韓国が資本進出するような経済協力は絶対にしない。金主席が望むことは金独裁体制を強固にすることであり、北朝鮮の経済発展でもなければ韓国との友好でもない。韓国と北朝鮮の国民が自由に交流することを金主席が受け入れることはない。韓国の文化が北朝鮮に流入し北朝鮮の国民が韓国に憧れたり、民主主義思想が芽生えるのを金主席は最も恐れているからだ。韓国の歌やドラマをDVDで見るだけで逮捕されるのが北朝鮮である。
     文大統領は北朝鮮と経済協力をすれば、
    「南北平和経済の実現時は一気に日本経済に追いつく」
    と発言しているが、北朝鮮は文大統領の望むような経済協力は絶対にしない。北朝鮮との経済協力発言が日本政府への脅しになると文大統領は考えているかも知れないが安倍政権は北朝鮮が韓国と経済協力をしないし、韓国が社会主義国家になることもないことをお見通しである。安倍政権は韓国が北朝鮮と合体することも社会主義国家になることもあり得ないから韓国をホワイト国から除外するのである。

    日本政府が韓国をホワイト国から除外することを宣言してから、文大統領は日本政府への敵対心をあらわにした。
    日本政府を加害者だと決めつけ「盗人猛々しい」と激しくののしった。日本政府は大口をたたいているといい、日本政府の措置に応じて我々も段階的に対抗措置を強化していくと宣言した。そして、ホワイト国除外を日本の韓国への挑戦であると決めつけ、「(日本の)挑戦に屈服するなら(植民地支配の)歴史はまたも繰り返される。今の挑戦をむしろ機会とし、新たな経済跳躍のきっかけとするなら、私たちは十分に日本に打ち勝てる。韓国経済は日本経済を飛び越えていける」と、“第2の独立運動の認識も示している。韓国は独立しているし、日本が支配していない。意味不明の独立運動である。
     安倍政権は韓国をホワイト国から除外するだけである。普通の国にするだけである。それなのに文大統領は日本が植民地にしようとしているという妄想に陥っている。馬鹿げた妄想である。

    日本企業による輸出相手先ごとの手続きの図である。
    輸出管理をA、B、C、Dにグループ分けている。韓国はAからBに移動する。多くの国はCグループである。Bグループは軍事転用のある場合に限り個別許可するのである。輸出禁止ではない。軍事転用されない製品は手続きが免除される。Bグループの韓国は優遇される国に入っているのだ。台湾やシンガポールはCグループであり台湾、シンガポールより韓国は優遇されている。この表を見れば文大統領が被害妄想に陥っていることが分かる。

    500

     日本に対抗するように韓国も日本をホワイト国から除外した。韓国は日本をCグループにしている。社会主義国家中国、北朝鮮よりも下である。

    600

     韓国政府は日本が韓国をホワイト国除外をするなら8月下旬に更新の判断期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、破棄すると宣言した。破棄したくなければホワイト国除外をするなというのである。しかし、GSOMIAは北朝鮮の攻撃を防ぐために軍事情報を共有するためであり、破棄して困るのは日本より韓国である。
     文大統領はホワイト国除外をさせないためにあらゆる方法を使って安倍政権を脅しているが全然脅しになっていない。文大統領は脅して安倍政権をビビらせている積りかも知れないが、むしろ、ホワイト国除外にふさわしい国であることを安倍政権に認識させているだけである。

     韓国で「安倍糾弾3次キャンドル文化祭」というデモがあった。主催は全国民主労働組合総連盟などの進歩革新系の市民団体682団体のデモである。主催者発表で1万5000人、警察発表は2500人のデモであった。主催団体の中には正義記憶連帯という団体があるがその団体は元慰安婦を支援する旧挺身隊問題対策協議会である。左翼は同じ集団でも場所や目的によって名称を変える。
    左翼が元慰安婦を利用して日本政府を追い詰める目的でつくったのが挺身隊問題対策協議会である。安倍政権と朴政権が日韓間の慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を合意し、安倍政権は元慰安婦賠償に10憶円を出費し朴政権は「和解・癒やし財団」を設立した。そのために左翼は慰安婦問題で安倍政権を追い詰めることが不可能になった。だから、挺身隊問題対策協議会は元徴用工問題や不買運動に参加するために組織名を正義記憶連帯に変えたのである。ところが文政権は左翼の圧力で「和解・癒やし財団」を解散させた。しかし、安倍政権が出資した10憶円は宙に浮いたままである。左翼の圧力で強引に解散させられたから後処理もできないでいるのだ。

    左翼の最大の弱点は経済である。左翼には経済を発展させる政策がない。ソ連が崩壊したのは恐慌ともいえるほど経済が悪化していたのが原因である。共産主義、マルクスレーニン主義、社会主義をひっくるめて左翼と呼ぶが、左翼には経済を発展させる政策がない。日本の共産党がそうであり、社民党、立憲民主党がそうである。自民党が与党であり続けることができるのは自民党には経済を発展させる政策があるからである。安倍政権は経済を発展させるためにマイナス金利にして円安にしていって輸出を回復させた。そして、経済を復活させた。就職率も改善したし、給料もわずかながらアップした。日本国民の生活を支える政策をするのが安倍政権であり、歴代の自民党政権であった。
    日本の左翼も韓国の左翼も同じである。韓国の左翼にも当然経済を復興させる政策はない。左翼の圧力のままになっている文政権は反安倍政権に狂奔するだけで適切な経済復興政策はない。文大統領の今までの経済政策は失敗しているが、失敗している矢先に安倍政権のホワイト国除外である。

    左翼が徹底してやっているのは日本製品不買運動である。韓国経済復興運動ではない。不買運動は「日本製品探し」運動に発展し、大韓赤十字社の献血した人に配っているイオン飲料が「日本の会社のもの」という非難の声や交換要求などが上がっている。
    韓国にあるすべての日本製品をなくそうと左翼は血眼になっている。左翼にとっての敵は帝国主義、軍国主義、韓国植民地支配の安倍政権であり、安倍政権を追い詰める不買運動の徹底が左翼の目的である。韓国の経済復興には興味ない。文大統領と左翼の不買運動は確実に韓国の経済を悪化させる。
    文大統領の「南北平和経済実現」宣言はその象徴であり、韓国経済の自滅宣言である。


    「沖縄に内なる民主主義はあるか」より転載
    http://hijai.ti-da.net/

    7

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。