«
»

「反日」は来年総選挙に有利、韓国与党配布の報告書が波紋

800

文政権の本音?批判殺到

 日本との関係悪化は来年4月の総選挙で与党有利に働く―。このほど韓国与党・共に民主党の国会議員が日韓関係悪化を選挙に利用すべきと書いた報告書が発覚し、大きな波紋を広げている。安全保障や経済などで緊密な協力関係を築いてきた日本との関係を犠牲にしてまで自分たちの権力固めに走ろうとする姿に、同じ左派陣営からも批判が上がっている。 (ソウル・上田勇実)

 共に民主党のシンクタンク、民主研究院は先月末、日本による対韓輸出優遇措置の見直しをめぐる日韓対立が来年の総選挙に及ぼす影響をまとめた対外秘の報告書「韓日葛藤に関する世論動向」の中で、「日本に断固たる態度で臨むのが総選挙に有利になる」と記した。報告書が所属議員全員に電子メールで送られたことをきっかけに明るみになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。