ワシントン・タイムズ・ジャパン

韓国を卑下、北朝鮮は尊重 文政権に教科書記述歪曲疑惑

800

「積弊教育」清算の一環か

 韓国で小学校6年生が授業で使う今年3月発行の社会科教科書の記述をめぐり韓国を卑下しながら北朝鮮を尊重したり、反保守・反日の感情を植え付ける内容に密かに変更されていたことが発覚し問題になっている。背景には国内保守派が支持する歴史教育を「積弊教育」として清算するため、強引に左派史観に基づく記述に歪曲させようとした文在寅政権の思惑があるとの見方が広がっている。 (ソウル・上田勇実)

 「1948年12月、国際連合は大韓民国政府を朝鮮半島唯一の合法政府として承認した」

 これは小6社会科教科書にこれまで掲載されていた韓国の国際社会における地位承認に関する重要な記述だ。当時、合法政府の地位をめぐり北朝鮮と対立していた韓国にとってこの事実が持つ意味は極めて大きい。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。