«
»

韓国・文政権、米中の狭間で「反中色」自制

トランプ米大統領(右)文在寅大統領

5G・ミサイルで米国を軽視 日韓米連携に慎重な外交

 米国と中国の覇権争いの狭間で韓国の文在寅政権が「反中国」と映ることに神経を尖らせている。米国の次世代通信規格「5G」のネットワーク建設や北朝鮮のミサイル攻撃を想定した迎撃ミサイル配備などをめぐり韓国は米中双方から圧力をかけられているが、双方から等間隔というよりは中国にやや軸足を置いている印象だ。こうした韓国のスタンスは北東アジアの安全保障に影を落としそうだ。 (ソウル・上田勇実)

 ハリス駐韓米国大使は今月上旬、ソウル市内で開催されたIT(通信技術)関連の会議で、韓国IT企業に対し低価格攻勢で国内通信機器市場でシェアを伸ばす中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を使用しないよう促した。

 「短期的費用節減に気持ちが傾くだろうが、信頼できないサプライヤーを選べば長期的なリスクと費用の負担は極めて大きくならざるを得ない」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。