«
»

南北問題の世論調査

統一より経済優先の韓国民

 外交や経済がガタガタになっているのに、北朝鮮に「オールイン」している韓国の文在寅政権だが、実際、韓国民は南北問題についてどう思っているのか、月刊朝鮮(6月号)が調査結果を報じている。

 調査は韓国保険社会研究院によるもので、全国の成人男女3873人を対象に対面式で行われた。

 「統一と経済、解決すべきはどちらか」を聞くと「経済」が77・1%と圧倒的だった。「統一」は7%弱にすぎず、その差は10倍を超えた。国民と文大統領の間には大きなずれがある。

 「南北は必ず統一すべきか」には半数を超える55・9%が同意しているものの、「統一のためには窮乏に耐える」のは17・12%でしかなく、53・24%は「同意しない」と答えている。建前として南北統一は唱えるが、本音ではそのための耐乏は嫌だということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。