«
»

ロシア訪問でも収穫なかった正恩氏

高 永喆

 24、25日の露朝首脳会談を前にしてロシアの英字紙ザ・モスクワ・タイムズは、「露朝会談でプーチンは金正恩にただのリップサービスだけ与えるだろう」と報じたが、会談結果はその通りだった。

 金正恩朝鮮労働党委員長の「首席報道官」と言われる韓国の文在寅大統領が今月、米韓首脳会談で手ぶらで帰ったように、金正恩も今回、初の露朝会談で手ぶら状態で帰った。

 今回の会談を要約するとロシア側は①北朝鮮の体制保証を目指す6カ国協議の再稼働が望ましい②朝鮮半島と北東アジア地域の緊張緩和に引き続き協力したい③ロシアと米国は北の完全な非核化(FFVD)を求める同じ立場であり、核不拡散は共同目的である④北朝鮮の段階的な非核化を支持する―などを主張した。

 ここで危険なのは、段階的な非核化である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。