«
»

兄・正男氏暗殺、「白頭血統」継承へ決行

700

 金正恩朝鮮労働党委員長は権力固めの過程で近親者粛清を厭(いと)わなかった。叔父の張成沢氏が処刑(2013年)され、異母兄の金正男氏も暗殺(17年)された。

 「朝鮮で最も標高が高い白頭山に天から精気が下りてくると言って指導者偶像化の根拠にしたのが『白頭血統』。ただ、これは長男優先の原則なので、正恩氏としては『白頭血統』を継承するには自分の上に正男氏や正哲氏がいることを広く知られるのは都合が悪い。頻繁に海外に出てメディアにコメントしていた正男氏の場合、特にそうだった」

 太永浩氏は正男氏の暗殺決行は時間の問題だったとみる。だが、「正恩氏後継」がまだ確定する前、正男氏にも目はあったようだ。太氏は、正男氏がよく出入りした香港、マカオなどで軍偵察局(現、軍偵察総局)に所属しながら外貨稼ぎをしていた友人から次のような話を聞かされたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。