«
»

北朝鮮、特殊部隊を増強

ビル・ガーツ

非対称戦での戦力に

 エイブラムズ在韓米軍司令官は、北朝鮮が特殊部隊の拡大を進め、韓国と米国の特殊部隊にとって脅威になっていると指摘した。

 エイブラムズ氏は12日、上院軍事委員会で「金正恩(朝鮮労働党委員長)は、特殊部隊の規模と能力の向上に特に注力してきた。訓練に長い時間をかけている」と証言した。

 また、「在韓米軍の特殊部隊の規模は非常に小さいが、非常に有能だ。陸軍の特殊部隊(Aチーム)がローテーション配備され、現在は五つの分遣隊(Bチーム)が常駐し、韓国軍特殊部隊と共に訓練を行っている」と、増強が進む北の特殊部隊に対応するための体制を整えていることを明らかにした。

 Bチームは通常、11人の隊員で構成され、Aチームをサポートする。Aチームの各部隊は、12人の高度な訓練を受けた隊員から成り、別の戦闘・情報活動を担っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。