«
»

「保守の狙撃手」洪準杓氏、韓国次期大統領選に意欲

 「崩壊した」と言われる韓国保守だが、期待される人材が一人もいないかといえば、そうでもない。月刊中央(2月号)は自由韓国党前代表の洪準杓(ホンジュンピョ)氏(64)に焦点を当てている。

 洪氏は昨年6月の統一地方選での惨敗の責任を取って代表を辞任したが、3月の党大会を控え、再度、代表選出馬が取り沙汰されている。2022年の大統領選で左派政権からの政権奪還を託せる候補選びにもつながるからだ。

 「保守の狙撃手」の異名を取る洪氏は一昨年の大統領選に出馬し、文在寅氏に敗れた。この時の得票率は文氏が41%、洪氏は24%だった。保守が弱体化した現在、同じような票が取れる保証はないが、80%と高支持率を誇った文氏も、最近では経済政策の失敗や一辺倒の対北政策が嫌われ、就任以来初めて支持率(45%)が不支持率(46%)を下回った。次の大統領選で左派や保守派が前回と同じような得票をするわけではないのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。