«
»

文氏側近を政権守れず

金慶洙・慶尚南道知事

韓国与党の大統領候補ら実刑 求心力低下?派閥争いも

 前回の韓国大統領選挙で側近などとして文在寅氏の当選に尽力し、2022年の次期大統領選への出馬が取り沙汰される与党「共に民主党」の金慶洙・慶尚南道知事(51)と安熙正・前忠清南道知事(53)が相次ぎ実刑判決を受け波紋が広がっている。これをめぐり政権の求心力が「次期候補」を守れないほど低下し、各候補を擁立する派閥間の争いが招いた結果ではないかとする見方も出ている。 (ソウル・上田勇実)

 ソウル中央地裁は先月30日、前回大統領選でインターネット上の不正な書込み操作に介入し世論を誘導しようとした疑いで起訴されていた金知事に対し、業務妨害罪で懲役2年の実刑判決を下した。金知事は共犯の与党党員の男に世論操作の見返りとして駐仙台韓国総領事のポストを与えようとした公職選挙法違反容疑でも懲役10月、執行猶予2年の有罪判決を受けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。