■連載一覧
  • どう動く米朝
  • 米朝決裂
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 米中新冷戦 第3部 識者インタビュー
  • 2019/3/20
  • 2019/3/02
  • 2019/2/19
  • 2019/1/23
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    井上 政典
    井上 政典
    歴史ナビゲーター
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家

    北朝鮮 米朝首脳会談の「ショー化防止策」

     スイスの世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)が今月22日から開催されるが、トランプ米大統領は10日、政府機関の一部閉鎖などを理由にダボス会議の参加を見合わすと表明したことは、トランプ大統領のダボス会議参加を期待していたスイス政府関係者や欧州メディアにとって残念だったろう、と考えていた。だが、そうでもないらしい。「これでダボス会議は落ち着いて世界的諸問題を話し合うことができる」と喜ぶ声が聞かれるのだ。ダボス会議関係者によると、今回はトランプ氏だけではなく、マクロン仏大統領も参加しない。

    600

    米朝首脳会談で散歩する金正恩委員長とトランプ大統領(2018年6月12日、シンガポール、CNNの中継から)

     スイスインフォによると、スイス公共放送(SRF)のフレディ・クシュタイガー氏は、「トランプ氏の参加はダボス会議を豊かにするというよりは負担になるだけだ。建設的な提案をするわけでもなく、ダボス会議という華やかな舞台を利用して自分の主張を世界に宣伝するだけだからだ」と厳しく語る。要するに、「ダボス会議で単なる華やかさを添えるだけの大物の出席は必要ない」というわけだ。

     クシュタイガー氏は、「トランプ氏の欠席を、2019年ダボス会議を成功に導く好機とすべきだ」とまで言い切る。クシュタイガー氏の発言は「単なる強がり」から出たものではないらしい。

     スイスインフォの記事を読んで考えさせられた。世界各地で毎年、大物政治家が参加する国際会議や各種の首脳会談が開催されるが、それらの会議を通じて実質的な政治問題や経済問題が解決されたとは余り聞かない。メディアで華々しく報じられるが、会議では舞台裏で作成済みの宣言書や表明文が発表されるだけだ。大統領や首相たちはその舞台を飾る華やかな書割に過ぎないケースが多い。

     ところで、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の第2回の米朝首脳会談が2月下旬には開催されるという。昨年6月のシンガポールの第1回首脳会談ほど注目度は高くないが、世界は同首脳会談の行方を追うだろう。

     懸念材料は第2回首脳会談の準備というべき両国間の実務協議がほとんど進展していないことだ。具体的には、北朝鮮の非核化プロセスだ。北はこれまで保有する核兵器の個数、核破棄へのプロセスを明らかにしていない。一部核関連施設の解体でお茶を濁している程度だ、金正恩委員長は第2回首脳会談を前に側近の金英哲副委員長をワシントンに派遣し、トランプ大統領に自身の親書を手渡したが、第1回首脳会談と同じように非核化の意思を表明するだけの内容の可能性が高い。それでも金正恩氏がトランプ氏との会談に拘るのは米朝首脳会談の実現が自身の政治基盤強化に役立つからだ。非核化を進展させる気は最初からない。実際、寧辺核関連施設が操業している兆候が監視衛星で捉えられている。

     そこで第2回米朝首脳会談が第1回と同様、宣言だけに終始し、具体的な成果が乏しかったことの二の舞を演じないために、米朝首脳会談の運営を変える必要があるだろう。例えば、米朝首脳会談の「2部制」だ。「1部」はメイン・ディーラーが席を占める。米国からはボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐官、ポンぺオ国務長官、北朝鮮から金英哲副委員長らだ。そこで非核化など重要議題を集中的に協議する。

     その数時間後、「2部」が始まる。「2部」は実務協議ではなく、あくまでもエンターテイメントだ。米国や北朝鮮から民族歌手を招待するのもアイデアだろう。「2部」の主人公は背広姿ではなく普段着のトランプ氏と金正恩氏だ。ワインやシャンペンで勢いがつけば、トランプ氏も金正恩氏も舞台に上がって得意の歌を歌えばいいだろう。繰り返すが、「2部」はエンターテイメントだから、非核化など複雑な議題は話さない。敢えていえば、トランプ氏の実業界での裏話や金正恩氏の現地視察での苦労話が食事の話題となるだけだ。

     世界のメディアは翌日、米朝首脳会談の「1部」の経緯を詳細に報道するが、「2部」のエンターテイメントでは笑顔で飲食しながら語り合うトランプ氏と金正恩氏の写真を掲載するだけで終わる。米朝首脳会談のメイン・イベントは「1部」だからだ。

     ワシントン・ポスト紙やニューヨーク・タイムズ紙など世界の代表的メディアは「1部」の経緯をトップで報じる一方、独ビルドや英デーリー・メール紙など欧米の大衆紙は「2部」を中心に報じる。首脳会談の「2部制」によって、世界のメディアの“棲み分け”も自然に行われる。

     米朝首脳会談後の記者会見では1部の参加者が国際記者団の質問に答える。2部参加者のトランプ氏と金正恩氏はその傍で聞きながらお互いに食事会での話題を思い出しながら笑顔を振りまく。どうしても必要ならば、トランプ氏が記者会見の司会役を担っていいだろう。

     記者会見は充実し、質疑応答は詳細まで及ぶ。米朝首脳会談で何が進展し、何が未解決のまま残ったか記者たちも理解できる。「何が話し合われ、何が合意し、何が未解決か」が首脳会談後の記者会見を聞いてもピンとこないケースがあったが、首脳会談「2部制」でそのような事態は避けられる。

     もちろん、首脳会談の前に「1部参加」の大統領補佐官や国務長官はトランプ氏と念入りな打ち合わせが必要だ。同じように、金英哲副委員長ら側近も金正恩氏の意向を完全に掌握していなければならないことは言うまでもない。「1部」と「2部」の参加者の間にホットラインを設置することもアイデアだ。

     首脳会談の「2部制」がうまく機能すれば、もはや“会議は踊る”といったことはなく、何らかの成果が生まれてくるだろう。「北の非核化」の見通しは明確になる一方、不必要な言葉尻を捕らえる質疑応答は少なくなる。米朝首脳会談を取材するジャーナリストの関心もショー的側面から実質的内容に向かうだろう。

     世界はますます混沌としてきた。「ダボス会議」だけの話ではない。首脳会談をショーとする時間はもはやないのだ。

    (ウィーン在住)

    4

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。