«
»

どう動く北朝鮮の核・ミサイル

島田洋一氏

制裁を一切緩めぬ米政権 警戒すべき北の「次の一手」

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談が昨年6月12日にシンガポールで行われ、朝鮮半島の完全な非核化が合意されたものの、その実現の見通しは立たないまま年を越えた。新年早々にも2度目の米朝首脳会談が開かれる可能性がある中、北朝鮮の核・ミサイル問題はどう動くのか、日韓の有識者に聞いた。

福井県立大学教授 島田洋一氏

トランプ米政権の北朝鮮政策に変化は出るか。

 辞任するマティス国防長官は、朝鮮半島で戦争が起きれば、真っ先に突入して行く海兵隊の出身者で、軍事介入慎重派と言われていた。マティス氏が去ることで、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)の影響力が高まるだろう。

 北朝鮮への先制攻撃を主張していた超強硬派のボルトン氏の影響力が高まることは、抑止力が強まるという意味で歓迎すべきだ。北朝鮮は物理的な力を含めた恐怖心を与えないと動かない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。