«
»

核固執は金体制崩壊の火種

高 永喆

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が今年6月12日、米朝首脳会談に応じた狙いは米国から体制を保証してもらうことだった。

 年初、金委員長は「米国の全域がわれわれの核攻撃の射程圏内にあり、核のボタンは私の事務室の机に常に置かれている」と脅迫したが、米朝首脳会談に応じたのは米国に降伏したのに等しい。

 北朝鮮はこれまで、6カ国協議を通して周辺国を核問題に引きずり込んできた。核問題について6カ国が共に責任を担うという外交トリックによって、中国とロシアを関与させ米国の圧力を緩和してきたのだ。

 しかし、米朝首脳会談に応じることによって北核問題は6カ国から米朝2国間の問題に変わった。これこそ、北朝鮮外交の大失策である。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。