■連載一覧
  • 検証’18米中間選挙
  • 人口減少社会を超えて 第2部・戦後人口政策の誤り
  • 新閣僚に聞く
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 2018/11/11
  • 2018/10/29
  • 2018/10/25
  • 2018/10/15
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 安東 幹
    安東 幹
    共産党問題
    坂東 忠信
    坂東 忠信
    元警視庁北京語通訳捜査官
    古川 光輝
    古川 光輝
    保守国際派
    細川 珠生
    細川 珠生
    政治評論家
    伊勢 雅臣
    伊勢 雅臣
    「国際派日本人養成講座」編集長
    河添 恵子
    河添 恵子
    ノンフィクション作家
    宮本 惇夫
    宮本 惇夫
    企業・経営
    中村 仁
    中村 仁
    元全国紙経済記者
    石平
    石平
    評論家
    長谷川 良 (ウィーン在住)
    長谷川 良 ...
    コンフィデンシャル

    破滅の道を突っ走る韓国・文大統領!

     韓国がまたまた最高裁で変な判決を出しました。

     まあ、これは平城運転ですから別に驚きもしませんが、びっくりしたのは日本政府の対応の良さです。

     まだまだ不満な点は多々ありますが、今までの政権でこれほどまではっきりと韓国に対して「NO!」と突きつけた政権があったでしょうか。

     あの日韓議員連盟の額賀氏でさえも、韓国側にはっきりとものを言っています。

     とてもいいことだとおもっています。

     日本の察する文化を他国に強要はできませんが、他国にはその文化は通用しないことだけは明確に知っておかねばなりません。

     どんなに相手のことを思って配慮しても相手は全く理解しないし、できないのだということを理解しなければなりません。

     それは国家レベルは当然のことながら地方都市レベル、また民間レベルでも言えていると思います。

     不快感を明確にすること。これを日本はやってこなくて相手に忖度ばかりしてきたことが今の結果につながっていると思います。

     今回は日本政府がしました。安倍総理も国会答弁で、あの原告の四人は強制連行ではないとはっきりと言っていますし、また河野太郎外務大臣も明確に韓国の駐日大使や外務大臣に反論しています。

     そして今までなあなあの権化であった日韓議員連盟の会長もはっきりとおかしいと言っています。

     これに一番泡を食ったのが韓国自体でしょう。まさかこういう反応が日本から返ってくると思っていないかったのではないでしょうか。

     安倍政権は今までの政権とは一味も違うと未だに気づいていないのでしょうか?国内の工作員にやらせたモリカケ問題のダメージが大幅に効いているので、外交問題をこれ以上拗らせたくないと推測したのでしょうが、大間違いです。

     目に見えるマスコミの論調は安倍叩きですが、一般の国民はこの問題はもう済んだ問題だと思っているのです。また何の問題もなかったと思っているのです。それをただ反対のための反対に終始している野党の口車に乗っているだけのことです。

     野党が騒げば騒ぐほど自分たちの支持率を減らしていっている事実が見えないのでしょう。

     日本はどんなにひどいことを言っても絶対に反撃してこないと舐め切っているのです。このことについて多くの日本人が本当の怒りを感じてきたのが今日この頃ではないでしょうか。

     日本と朝鮮半島の長い歴史の中で、どっちが軍事的優位に立っていたかを知っている人が少なくなっているように思えます。もちろん日本が軍事的にも国力でも圧倒的に凌駕しています。

     しかし、韓国の見え張りの文化や、日本にあるものは韓国にはすべてあると言ったり、日本の者はすべて韓国が発祥だと言っていますが、見な嘘だらけ、言ったもん勝ちの世界のようです。

     しかし、70年以上の時効がとっくに成立した物事をこれほど前に執拗に言ってくるなんて、韓国の最高裁判所は法律に乗っ取らずに人の評判だけで動いているのです。

     判決文の根拠はどこにあるのか不思議です。

     それを支持しなければならない韓国政府はどれだけ国内の基盤が空虚であるかが垣間見えます。

     ご存知のように韓国をアメリカはもう見捨てています。

     米中がもし戦争に突入したら、一番先に被害を被るのが韓国ですが、もうアメリカは韓国を助ける気など毛頭ないようです。それよりも、台湾に力を添えてCHINAを封じ込めようとしており、韓国は全く当てにしていません。

     文大統領も北朝鮮に対しての制裁解除を言いまわって欧州でも総スカンを食っています。

     もう彼は韓国を弱体化させ、北朝鮮の金王朝に国ごと膝まづかせようと思っています。これで韓国国民は良いのでしょうか。

     心ある在日の人たちも今回の件では無言ではすみません。きちんと声を上げて本国を批判しましょう。さもないと皆さんも韓国と同列または同レベルだと見られてしまいますよ。

     今後も日本社会で生き続けようとするのなら、きちんと日本に忠誠を尽くすべき時が来つつあることを忘れないでください。

     在留の外国人への締め付けは今後どんどん厳しくなっていきます。

     それは「移民政策反対」と言いながら入国在留管理庁の新設に反対を唱えている自称保守も同じです。

     私無条件での移民受け入れは大反対です。でも、現在野放しになっている外国人の管理・監督庁を作ってきちんと把握することはとても重要なことではないでしょうか。

     先日香港に行ったと書きましたが、日曜日セントラルという金融の中心街に行ったらびっくりしました。あまさんといわれる家政婦さんたちがまるで難民のように香港上海銀行の本店の下や公園や道路にたむろしている光景を見ました。

     数千人はいたのではないでしょうか。段ボールを敷き、同じフィリッピン人の仲間とともに毎日曜日はそこで過ごしているそうです。

     雇用されている家には自分たちの部屋がありますが、日曜日は家族団らんの時間を過ごすということで、家政婦のフィリッピン人、また別の街にはインドネシア人などとそれぞれのコミュニティーを作って一日中外で時間をつぶしているのです。

     帰ってから香港通の友人に聞くと、香港政府が各国と条約を結んで5年なら五年で帰国させるそうです。それはきちんとその外国人労働者を把握しているからこそできることではないでしょうか。

     良く調べもせずに何でも反対というのは野党の専売特許ではないようです。

     きちんとこの問題も正しい情報をいろんな角度から検討すべきだと思います。この点では、日本人が韓国人化しているように思えて悲しくて仕方ありません。

     文大統領はこの一期で終わるのではないでしょうか。そうでないと韓国は経済最貧国の北朝鮮に飲み込まれてしまいます。韓国国民はそれでいいのですか?在日韓国人もそれを望んでいるのでしょうか?声をきちんと挙げて、本国に反対の意見を表明すべき時ですよ。

     韓国が北朝鮮に飲み込まれてしまえば、一段と日本への脅威は高まります。そんな事態を想像するだけでも怖くありませんか?


    「井上政典のブログ」より転載
    https://ameblo.jp/rekishinavi/

    6

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。