«
»

韓国抑止力削ぐ軍事合意

宋永武国防相(手前左)と努光鉄人民武力相

「終戦宣言」なら親北派が米軍批判

 韓国の文在寅大統領が北朝鮮の平壌を訪問し、金正恩朝鮮労働党委員長との3回目の首脳会談を行った。会談結果は文大統領支持者を中心に高く評価された一方、保守派からは安全保障面で危惧する声が上がるなど波紋も広がっている。何が問題視されているのか。(ソウル・上田勇実)

 「なんでこんなに喜んでいるのか不思議だ。日本の反応はどうか」

 首脳会談取材のためソウル市内に設けられた臨時プレスセンターで、知り合いの韓国人記者に会うといきなりこう言ってきた。韓国メディアの大半が会談を好意的に伝えていることに違和感を覚えてのことだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。