ワシントン・タイムズ・ジャパン

北を喜ばす韓国の融和政策

宮塚 利雄

「反共国家」から様変わり 醸成された親北朝鮮ムード

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 今回は筆者の個人史と韓国について書きたい。筆者が韓国の地に初めて足を踏み入れたのは1969年3月のことで、4年後の73年に留学の途に着いた。日本人ばかりでなく在日韓国人の留学生もまだ多くなかった時代であり、日韓条約が締結されてからまだ10年も経っておらず、個人的に付き合う人はほとんど親日的な人ばかりであった。だが、中には“日帝36年”“朝鮮総督府”などと言って、「日本人はわが国を植民地支配した悪い奴」と、露骨に戦後生まれの私に突っかかってくる人もいた。

 もちろん、私も留学前から日韓関係の歴史は学んでいたし、大学院では「日本植民地下の朝鮮鴨緑江農村社会の研究」をすることにしていたので、韓国人が日本人に過去の歴史体験をもって言い掛かりをつけてくることは理解していた。しかし、留学時の韓国はまさに「反共・反北朝鮮」国家であった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。