«
»

「日本配慮」に実利確保の思惑

700

 「よくぞ言ってくれた。その線でやっていこうと思う」  南北首脳会談を目前にした先月17日、青瓦台(大統領府)で文在寅大統領を中心に開かれた首脳会談諮問委員会で、ある委員が対日政策に関する提案をすると、同席していた政府高官は委員会終了後にこう話し掛けてきた。

 提案は概(おおむ)ね次のような趣旨だったという。

 「南北関係が進展し日本が疎外感を抱きやすい状況で、韓国政府は日本に南北首脳会談を妨害されることだけは避けたいと思っているだろう。だから、できるだけ日本も一緒に参加しているというムードづくりが大事。日本に逐次情報を提供すべきだ」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。