«
»

北朝鮮異常事態に万全の備えを

甲午で巡りくる大きな変化

 「甲午(きのえうま)」は何かが始まる年だという。いまの日本で今年が「甲午」だといったところで、特別な感想を抱く者はそう多くない。だが、干支(えと)や四柱を生活の一部にしている韓国では、甲午年を迎えて、対北朝鮮の面で「軍事安保のリスクが高まっている」という分析が出されている。

 「月刊朝鮮」(1月号)に「張成沢粛清以後2014年の安保戦略」の原稿が寄せられた。著者は金秉寛(キムビョングァン)予備役陸軍大将(陸士28期)である。金氏は軍人には珍しくソウル大学を卒業後、京畿大大学院で軍事政治学を専攻し、米スタンフォード大学でも学んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。